カジュアル客船から豪華客船までクルーズのことならクルーズ専門店クルーズプラネットへお任せ下さい。
 
ホームページ > 寄港地ガイド > アラスカ スキャグウェイ

人口7,685人(2005年統計)
【1世紀前の街並みがそのまま残る】

スキャグウェイはゴールド・ラッシュの時代に誕生した町です。今も1世紀前そのままの街並みで、ゴールドラッシュ時代にできた鉱山鉄道 ホワイトパス・ユーコン鉄道がカナダのホワイトホースへと峻険な渓谷を走っているため、眺めがいいと人気があります。渓谷の河口にできた町は夏には海に客船が並び、背後では深緑の山々が氷河をいただいて美しい景観になります。


【スキャグウェイの見所はこんなところ!】
ホワイト・パス列車の旅 
スキャグウェイのハイライトの一つはなんといってもホワイト・パスの列車です。
ゴールドラッシュ時代、短期間に建設されたナローゲージの鉄道を、蒸気機関車や旧式ディーゼル機関車に引かれた時代物の客車で標高約1,000メートルのホワイト・パスへ向かいます。深い渓谷に沿ったユーコーン・ルートの眺望は美しく、雄大な自然を感じさせます。帰りは同じルートを通ります。
車窓からの眺め
車窓から先頭の鉄道が見えます。
車窓からの眺め
スキャグウェイクルーズターミナル
歴史の街スキャグウェイ  
ユーコン地方 
右、スキャグウェイ博物館
開拓時代の人々の生活や道具や当時多くいたギャングのうち、悪玉で有名なソーピー・スミスのショーなども見学できます。
 
多くの湖に映える残雪の山々の美しい伝説的な地方、カナダのユーコンへはホワイト・パスを抜けて向かうことができます。

フィヨルド   
ヘリコプター 
アラスカで最も深いフィヨルドを高速カタマランボートで約40分のクルーズでグレーシャーポイントへ。さらに4輪駆動の車で森林の中を進むと、眼の前に氷河が望めるポイントへつきます。(船会社によりopあり)  
スキャグウェイからヘリコプターでゴールドラッシュの跡や谷を埋め尽くす広大な氷河の眺望をお楽しみいただけます。(船会社によりop)
ヘインズハイライト   
ヘインズ白頭鷲保護地区 
スキャグウェイからマリンハイウェイを行き来する高速船で1時間ほどのヘインズは、アメリカで最も深いフィヨルドの中、雄大な大自然の景観が楽しめます。淡水と海水が混ざる栄養豊かな海域で、生物の多様性はアラスカ随一。特にアメリカの国鳥、白頭鷲の集落で知られています。  
スキャグウェイからは高速のカタマランボートで北米で最も深く長い、リン・フィヨルドの景観を楽しみながらヘインズへ。バスに乗り換え世界最大の白頭鷲保護地区に向かうことができます。水辺の深い緑の森の上には白銀の峰や氷河の素晴らしい眺望が楽しめます。(船会社によりopあり)

寄港地では、船会社によりオプショナルツアーがございます。詳細はお気軽にお問合わせ下さい。
添乗員同行ツアーにご参加の場合、出発約1ヶ月前の最終説明会にてオプショナルツアーの詳細をご案内させていただきます。また、個人旅行の場合、最終書類に詳細を同封いたします。(船会社による) 


○●アラスカへ行く!クルーズプラネットお勧めツアーはこちら!
アラスカクルーズ一覧
アラスカ紀行文はこちらから

更新日:H19年1月22日