メインコンテンツに移動
リーガル・プリンセス |サンクトペテルブルグとバルト海のきらめく街々を巡るクルーズ14日間|北欧・バルト海クルーズ|クルーズプラネット リーガル・プリンセス ,プリンセス・クルーズ,プレミアム,クルーズプラネット,クルーズ
【海外】

リーガルプリンセスで行く
サンクトペテルブルグとバルト海のきらめく街々を巡るクルーズ14日間

ツアー情報

出発地 東京(成田・羽田)発 東京(成田・羽田)着 日数 14日
旅行代金
388,000円 ~ 628,000円

大人1名様(2名1室利用)

出発日
2019年
6/22(土) 7/3(水) 7/14(日) 7/25(木) 8/5(月) 8/16(金) 8/27(火)
客船名 リーガル・プリンセス
客船タイプ プレミアム
就航年 2014年 総トン数 141,000トン
コースコード 03E2PR-PRGP0001
情報 旅行代金には燃油サーチャージが含まれません。別途お支払いが必要となります。
空港施設使用料、諸税、船内チップが別途必要となります。

◆同コース他プランもございます。
東京>>  東京・スカンジナビア航空往復直行便利用コース>> 
関空>>  中部(名古屋駅)>>
販売期間:2019 年2月1日~ 2019 年8月26日
リーガル・プリンセス
リーガル・プリンセス
パンフレット・チラシ
DUOパンフレット
DUOパンフレット
寄港地イメージ
"地図イメージ

ツアーポイント

  • 日本語スタッフ乗船予定!
    日本語船内新聞、日本語メニューなど日本語の翻訳をしているため初めての方も安心です。

  • 現地日本語係員が送迎、船会社日本語スタッフがいるので乗船後も安心。
    1名様より催行決定、ツアー不催行の心配は御座いません。

  • プリンセスクルーズ日本語サービス 4つの安心
    >>https://www.princesscruises.jp/cruise-life/amenity/

  • プリンセス・クルーズ史上最大となる14万トンのロイヤルクラス。
    全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付きです。
    海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」のほか、 噴水ショーを演出する「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの施設が目白押しです。

  • 現バルト海沿岸の国を一度で周遊できる旅。移動は船まかせ、朝起きたら別の国に到着できるのは、まさにクルーズの醍醐味と言えます。
    コペンハーゲンやオスロのおとぎの国のような街並みは女性の憧れ。

  • 歴史の街サンクト・ペテルブルグでは2日間滞在し、船会社寄港地観光を利用したっぷりと観光できます。エカテリーナ宮殿の琥珀の間、ペテリウゴーフの大宮殿など、世界遺産にも登録されている見どころが目白押し。もちろんエルミタージュ美術館へも。
    寄港地へ着くたびに違う文化や歴史が顔を出す。魅力あふれる北欧のクルーズです。

  • リーガルプリンセスご案内ムービー
    >>https://www.youtube.com/watch?v=rnP2hoemN1o

  • 海外クルーズクルーズ日本語サービス ご案内ムービー
    >>https://www.youtube.com/watch?v=wPc6g5my3zU


日程表

日次 日程 食事 宿泊
1 成田空港 または羽田空港 (21:00~01:00)発、空路 乗継便にて、コペンハーゲンへ
  • -
  • -
  • -
機内泊
2 到着後、現地日本語係員と送迎車にて港へ
『リーガルプリンセス号』  ご乗船手続き

18:00 コペンハーゲン (デンマーク) 出港
<参考>港周辺地図 >>
  • -
  • -
  • 船
船内泊
3 終日クルーズ
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
4 07:00 ニーネスハムン (スウェーデン) 入港

小さな岩の港ニーネスハムンは、スカンジナビア諸国の首都のひとつストックホルムの玄関港です。

19:00 ニーネスハムン (スウェーデン) 出港 *1
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
5 10:00 ヘルシンキ (フィンランド) 入港 *2

「バルト海の乙女」とも呼ばれるフィンランドの首都ヘルシンキは、ネオクラシック様式の建物や人目を引く現代建築、広々とした大通りに点在する広場や公園などが溢れています。
1世紀前、フィンランドは作曲家のシベリウスを始め、建築家エリエルとエーロ・サーリネン、アルヴァ・アールトなど西洋文化において何人もの才能あふれる芸術家を輩出してきました。
商業と文化の中心、ヘルシンキには 61 万 6 千人の人が住んでおり、街のネオクラシック建築のほとんどは、フィンランドがスウェーデンからロシアの統治に代わった1809 年に始まった帝政支配期のもので、フィンランド は 1917 年に独立を勝ちとりました。

18:00 ヘルシンキ (フィンランド) 出港
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
6 06:30 サンクトペテルブルク (ロシア) 入港

ペテルブルグ、ペトログラード、レニングラード、そしてサンクト・ペテルブルグと、移り変わった町の名前がその動乱の歴史を物語っています。町の中心部には動乱をくぐり抜けた18~19世紀のバロック様式の建物が多く残っています。エルミタージュ博物館はあまりにも有名ですが、郊外の帝政ロシア時代の栄光を伝える宮殿も一見です。
<参考>港周辺地図 >>

[停泊]
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
7 18:00 サンクトペテルブルク (ロシア) 出港
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
8 08:00 タリン (エストニア) 入港

バルト三国の中で最も北に位置し、スカンジナビアの雰囲気の漂うエストニアの首都タリン。14世紀にはバルト海最大の交易港として栄え、旧市街には当時の繁栄を物語る建物が数多く残されています。中心のトームペアの丘の展望台からの景色は入り組んだ路地と美しい絵のような家並み、ハンザ同盟時代の繁栄が偲ばれます。
<参考>港周辺地図 >>

17:00 タリン (エストニア) 出港
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
9 終日クルーズ
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
10 07:00 バルネミュンデ (ドイツ) 入港 

バルネミュンデは中世ハンザ同盟の都市であったロストックの近くにあるシーサイドリゾートです。19 世紀にスパリゾートになる前は漁村でした。バルネミュンデはメクレンブルグとドイツの田舎への玄関口でもあります。

ベルリンはロンドンやパリなどの都市と歴史、芸術や文化などで並び立つ大都市。
修復されたガラスドームのある国会議事堂やブランデンブルグ門や素晴らしい博物館島などが見どころです。
旧冷戦時代の名所や修復されたブランデンブルグ門の見学、またはクーアフュルステンダム沿いの散策やカフェでコーヒーを楽しんでみたりしてはいかがですか?
<参考>港周辺地図 >>

21:00 バルネミュンデ (ドイツ) 出港
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
11 終日クルーズ
  • 船
  • 船
  • 船
機内泊
12 07:00 オスロ (ノルウェー) 入港

フィヨルドの奥深くに位置するオスロは、人口50万人ほどとスカンジナビアでは最も小さな首都ですが、歴史的には最も古い首都となります。静かな水面と美しい緑の森、別荘の建つ小島が点在しています。15世紀の大火の後、クリスチャン4世により広い路と美しい広場、公園など他のヨーロッパの都市では見られない街に生まれ変わりました。公園や広場にはノルウェーの歴史を伝える銅像や代表的な芸術家ヴィーゲランの彫刻など数多くみられます。
<参考>港周辺地図 >>

14:00 オスロ (ノルウェー) 出港
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
13 05:00 コペンハーゲン (デンマーク) 入港

下船後、現地日本語係員とともに送迎車にて市内観光
観光後、空港へ

空路、乗り継ぎ便にて帰国の途へ
  • 船
  • -
  • -
機内泊
14 成田空港 または羽田空港 着後、入国・通関手続きの後、解散
  • -
  • -
  • -
*1:6/11発は4日目の寄港地がストックホルム(11:00入港/18:00出港)となります。
*2:5/20、6/11、7/25発は、5日目ヘルシンキの入港が午前11:00になります。
※行程、入港・出港の時間は変更することがございます。ご予約時に再度ご確認下さい。
※サンクトペテルブルクにおいて、船会社主催寄港地観光に参加されない場合、下船される際にロシア査証の事前取得が必要となります。

旅行代金

2名1室、おひとり様旅行代金 ()内は1人部屋追加代金です。 単位:円

出発日 内側 海側バルコニー デラックス海側バルコニー ジュニア・スイート
2019年
6月22日(土)
428,000
(350,000)
468,000
(390,000)
478,000
(400,000)
548,000
2019年
7月3日(水)
448,000
(350,000)
488,000
(390,000)
498,000
(400,000)
568,000
2019年
7月14日(日)
398,000
(280,000)
438,000
(320,000)
448,000
(330,000)
518,000
2019年
7月25日(木)
478,000
(350,000)
518,000
(390,000)
528,000
(400,000)
598,000
2019年
8月5日(月)
498,000
(350,000)
538,000
(390,000)
548,000
(400,000)
628,000
2019年
8月16日(金)
438,000
(200,000)
478,000
(240,000)
488,000
(250,000)
558,000
2019年
8月27日(火)
388,000
(210,000)
428,000
(250,000)
438,000
(260,000)
508,000
内側:シャワー付、約15m²
海側バルコニー:シャワー、バルコニー付、約20m²
デラックス海側バルコニー:シャワー、バルコニー付、約22m²
ジュニアスイート:バスタブ、バルコニー付、約28m²
※写真はイメージです。



【3・4人目旅行代金】
  内側 海側バルコニー デラックス海側バルコニー ジュニアスイート
5/9 178,000 208,000 218,000 228,000
5/20 173,000 203,000 213,000 223,000
5/31 208,000 238,000 248,000 278,000
6/11 218,000 248,000 258,000 268,000
6/22 308,000 338,000 348,000 358,000
7/3 328,000 358,000 368,000 398,000
7/14 要問合せ 288,000 298,000 338,000
7/25 358,000 388,000 398,000 428,000
8/5 398,000 428,000 438,000 448,000
8/16 308,000 338,000 348,000 378,000
8/27 268,000 298,000 308,000 328,000

【ビジネスクラス利用追加代金】5/9~7/14発:440,000円 7/25~8/27発:400,000円
※ビジネスクラスのお席のご利用は、日本発着の国際線のみとなります。
※ビジネスクラス利用の場合は、成田空港、又は羽田空港までの往復宅配便サービスが付きます(お一人様につきお荷物1つまで)



別途必要代金
【国際観光旅客税】1,000円
【空港施設使用料】 大人 2,570円 子ども(2歳以上12歳未満) 1,280円 /羽田空港 または 大人 2,090円 子ども(2歳以上12歳未満) 1,050円 /成田空港
【旅客保安サービス料】100円 /羽田空港 または 520円 /成田空港
【海外空港税】 8,000 円(目安)
【港湾税】31,000円 (シングル利用時 62,000円)
【政府関連税】5/20発:23,575円 5/31発:22,425円 6/11、7/3・14、8/5・27発:21,275円 6/22、7/25発:21,850円 8/16発:23,102円
【船内チップ】[5/20発以降] US$ 159.5 ジュニアスイート: US$170.50(船上精算)
【燃油サーチャージ】
旅行代金には燃油サーチャージが含まれません。別途お支払いが必要となり、ご旅行代金とともに出発前にお支払いいただきます。
燃油サーチャージが変更された場合、増額になったときは不足分を追加徴収し、減額になったときにはその分を返金します。
(確定後の追加徴収・ご返金はございません)
燃油サーチャージ詳細はこちら>>>
フライトアレンジプラン
【国内線】
上記は成田または羽田発着料金となります。各都市国内線の手配については、別途承っております。
尚、航空便が満席でご予約がお取りできない場合はご了承下さい。

条件・ご注意

旅行条件
食事
船32回(朝11回、昼10回、夜11回)
添乗員
同行しませんが、現地日本語係員が送迎致します。また送迎は混乗となります。
『リーガル・プリンセス号』に現地日本語係員は乗船致しません。
最少催行人員
1名様
利用予定航空会社
エミレーツ航空 / ターキッシュエアラインズ / エールフランス航空 / カタール航空
利用予定客船
リーガル・プリンセス
ご注意
取消料
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって74日前~57日前 旅行代金の10%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって56日前~29日前 旅行代金の25%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって28日前~15日前 旅行代金の37.5%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって14日前~当日 旅行代金の50%
旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%
↑