メインコンテンツに移動
オーシャン・エンデバー |秘境・南極大陸に上陸!大自然と野生生物の宝庫・南極探検クルーズ 14日間|南極クルーズ|クルーズプラネット オーシャン・エンデバー ,クォーク・エクスペディションズ,,クルーズプラネット,クルーズ
【海外】

耐氷船オーシャン・エンデバーで行く
秘境・南極大陸に上陸!大自然と野生生物の宝庫・南極探検クルーズ 14日間

ツアー情報

出発地 東京(成田)発 東京(成田)着 日数 14日
旅行代金
1,690,000円 ~ 2,480,000円

大人1名様(2名1室利用)

出発日
2019年
12/1(日) 12/10(火)
客船名 オーシャン・エンデバー
客船タイプ
就航年 1982年 総トン数 12,907トン
コースコード 14E2QE-QEED0001
情報 旅行代金には燃油サーチャージが含まれません。別途お支払いが必要となります。
空港施設使用料、諸税、船内チップが別途必要となります。
販売期間:2019 年2月4日~ 2019 年12月9日
パンフレット・チラシ
DUOパンフレット
DUOパンフレット
ウシュアイアイメージ
航路イメージ

ツアーポイント

  • 日本語通訳ガイドが乗船!
    南極旅行&クルーズの特定コースには、クルーズライフの日本人通訳が乗船し、レクチャーやリキャップなどを日本語の同時通訳でご案内いたします。(但し、船内新聞やメニューの翻訳はいたしません)

  • 雪と氷が織りなす美しい大自然の神秘。
    アルゼンチン最南端のウシュアイアからドレーク海峡を横断して南極大陸の最北端に位置する南極半島を巡ります。
    沿岸をクルーズしながら見学している間、愛らしいペンギンやアザラシ、クジラ、多くの海鳥が出迎えてくれます。
    さらに、南極大陸に上陸してその雄大さを実感します。南極クルーズは生涯忘れられない素晴らしい思い出となることでしょう。
    南極旅行の決定版で、耐氷船で南極半島の数多くの見所を訪れます。 ペンギン、アザラシ、クジラなどの野生生物を観察いただけます。
    船上では、野生生物や探検の歴史、自然、地質など魅力溢れる多彩なレクチャーが予定されています。

  • ラフな服装でご参加ください。
    南極旅行・南極クルーズでは、野生動物の観察や大自然を満喫する事に主眼がおかれていますので、自由な服装でご参加ください。
    船内での服装もディナーの時間を含み、カジュアルな服装が一般的です。
    ウエルカム・パーティーやフェアウエル・パーティーも催されますが、フリースやセーターなど自由な服装でご参加いただけます。

  • ブエノスアイレス空港のお出迎え、帰国前の空港送迎は現地日本語係員が送迎いたします。

おもな見どころ

アドベンチャーオプション
お一人様代金  
キャンプ 写真教室 登山

南極の陸上で、一夜の「キャンプ体験」をいたします。
キャンプに必要な装備等はすべてクォーク社でご用意いたしますので、南極の野外で「ひっそりと静まりかえる氷の大地」をごゆっくりお楽しみいただけます。
また、写真撮影にたっぷり時間を取りたいというお客様には特におすすめです。
キャンプで使用する寝袋はビービ―サック(シュラフカバー)といわれる防水加工を施した寝袋を使用します。
(注1)南極上陸中、食事をとることは禁止されていますので事前にしっかりとお食事をとり、防寒対策をした上でご参加ください。ミネラルウォーターの持ち込みはOKです。また、トイレは緊急時に備え簡易トイレをご用意致します。
南極は世界でもめったにない写真撮影をするための絶好の目的地です。
玉砂利の上で遊ぶペンギンやしぶきをあげて跳ね上がるクジラ、磨かれた宝石のような巨大氷河などドラマチックな光景が刻々と展開します。
風景写真を素晴らしいものにするには、ファインダー越しに見える様々な要素を構造的に理解する技術が必要となります。
このプログラムでは専門のカメラマンが、大自然が見せるほんの一瞬の輝きを上手に写真に収めるためのレクチャーを行います。
通常の上陸で見学できる沿岸周辺だけでなく、南極の白銀の大地をもっと奥地へ行ってみたいという方におすすめです。
アイゼンとピッケルを装着し、5~6時間の本格的な登山ですが、経験豊富なガイドが同行しますので、特別な経験は必要ありません。
(注1)南極上陸中、食事をとることは禁止されていますので事前にしっかりとお食事をとり、防寒対策をした上でご参加ください。ミネラルウォーターの持ち込みはOKです。また、トイレは緊急時に備え簡易トイレをご用意致します。
<参加条件>
・代金:お1人様 US$ 295
・要事前予約
<参加条件>
・参加無料
・事前予約不要
<参加条件>
・代金:お1人様 US$ 575
・要事前予約
ウシュアイア イメージ
ウシュアイア イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ウシュアイア イメージ
ウシュアイア イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ
ブエノスアイレス イメージ

日程表

日次 日程 食事 宿泊
1 成田空港(22:00~23:00)より 空路、乗り継ぎ便にてブエノスアイレスへ
  • -
  • -
  • -
機内泊
2 到着後、現地日本語係員とクオーク社指定のホテルへ移動
チェックインのお手伝い
  • -
  • -
  • -
ホテル泊
3 朝、ホテルチェックアウト後、
クォーク社の団体送迎バスでアエロパルケ空港へ移動。
チャーター機にて空路、南米最南端のウシュアイアへ向かいます。
ウシュアイア到着後、時間が許せば、ウシュアイアの町の散策をお楽しみいただけます。
到着後、クオーク社送迎車にて港へ
"午後、オーシャン・エンデバーに乗船。

夕刻、いよいよ待ちに待った南極クルーズへ向けてウシュアイアを出港します。
本船はビーグル水道を進みます。この水道は、チャールズ・ダーウィンが世界周航したビーグル号に因んで名づけられたことでも有名です。
私たちの船出を祝うかのように山裾に開けたウシュアイアの町が夕日を浴びて光り輝き、船尾には多くの海鳥が追いかけてきます。
  • 食事
  • -
  • 船
船内泊
4 [4~5日目]

ドレーク海峡横断クルーズ
天候の予測が難しいことで有名なドレーク海峡を横断します。
ここでは刻々と天候や海象の状況が変化しますので備えが必要です。
南極条約、南極訪問者のガイドライン、ゾディアックボートの利用方法や南極の野生生物、探検の歴史、南極の自然などのレクチャーが始ります。
【日本語通訳で安心!】
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
6 [6~9日目]

サウスシェトランド諸島と南極半島観光
南極収束線を越えると、暖流と寒流がぶつかる肥沃な海域が広がり、生物学的にも南極に入ったことになります。やがて南極大陸が見えてくると、ついに地球最後の秘境へやってきた実感が湧いてくることでしょう。

この行程では1日平均2回、上陸観光やゾディアック・クルーズで入り組んだ氷河の湾部や氷山のひしめく水路などを観光する予定です。
営巣地のおびただしい数のペンギンやヒョウアザラシ、ザトウクジラ、ミンククジラなどとの出会いをお楽しみください。

南極半島には標高の高い山々が多く、最高地点は海抜2800mほどあります。
オーンハーバーに停泊する際は雪道を辿り、360度、白銀のパノラマが広がるポイントへとご案内いたします。 また、この山の尾根はヒゲペンギンの巨大な営巣地となっています。もちろん、海岸線でかわいいペンギンの雛を見ながらマイペースで見学をして頂く事もできます。

さらに「ポーラー・プランジ」と呼ばれる「南極海飛び込み大会」も予定されています。笑いあふれる楽しい参加型イベントをお楽しみください。

ネコ・ハーバーでは、ペンギンたちが氷河の裂け目で小砂利を巻き上げながら、大騒ぎで小競り合いをしているさまをご覧いただけるかもしれません。

壮大な氷河が印象的で風光明媚なパラダイス湾や陥没した火山性カルデラの巨大湾部へと通じるデセプション島などを訪れる予定です。

また、ポートロックロイのかつてのイギリスの観測基地は、今では博物館兼郵便局に生まれ変わっており、お土産の購入や絵葉書を郵送することもできます。
パックアイス(流氷)や氷山に阻まれなければ、高くそびえる岩肌と氷河に挟まれた絶景のノイマイヤー海峡やルメール海峡の南極クルーズも予定しています。

航路によっては、ルメール海峡をさらに南へ航海してピーターマン島へ、或いは南極半島の北側を周ってアイスバーグアレー(氷山小路)への探検航海をする場合もあります。ここは巨大な卓上氷山が北へ向かって漂流し、南極海峡へと流れ込む場所です。
天候と氷の状態が許せばポーレット島に上陸し、広大なアデリーペンギンの営巣地を見学する場合もあります。
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
10 [10~11日目]

ドレーク海峡横断クルーズ

南極大陸に別れを告げ、再びウシュアイアに向けて進路をとります。
最後のプレゼンテーションではこの南極旅行を振り返ります。
  • 船
  • 船
  • 船
船内泊
12 ウシュアイア入港 下船

朝食後、ウシュアイアに入港。
下船後、出発までの短時間、フエゴ島国立公園の観光にご案内いたします。
終了後、ウシュアイア空港に移動。
チャーター機にて空路、ブエノスアイレス(エセイサ空港)へ

到着後、現地日本語係員がお出迎え、国際線へご案内。
空路、乗り継ぎ便にて帰国の途へ
  • 船
  • -
  • -
機内泊
13 中東都市にて乗継
  • -
  • -
  • -
機内泊
14 成田空港(17:30~20:00)到着後、入国・通関の後解散
  • -
  • -
  • -
※ブエノスアイレス~中東乗り継ぎ地迄のフライトは、ブラジルに途中降機致します。

<重要なお知らせ>
南極旅行は、綿密な計画のもとおこなわれますが、明示した日程はあくまでも概要であって予定としてご参照ください。
最終の日程は、気象、海象、氷の条件によって決定されますので、予めご了承の上、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

旅行代金

2名1室、おひとり様旅行代金 ()内は1人部屋追加代金です。

出発日 ツイン(丸窓) ツイン(角窓) スーペリアツイン ジュニアスイート
オーシャン・エンデバー ツイン(丸窓)
オーシャン・エンデバー ツイン(角窓)
オーシャン・エンデバー スーペリアツイン
オーシャン・エンデバー ジュニアスイート
2019年
12月1日(日)
1,690,000
1,790,000
1,990,000
2,290,000
2019年
12月10日(火)
1,880,000
1,980,000
2,180,000
2,480,000
シングル (内側)
  【1名1室、おひとり様旅行代金】
12/1 2,090,000
12/10 2,280,000

トリプル (内側)
  【3名1室、おひとり様旅行代金】
12/1 1,490,000
12/10 1,680,000

※上記はエコノミークラス利用旅行代金となります。
単位:円



ツイン (丸窓):丸窓 シャワー付 約9~10m²
ツイン (角窓):角窓 シャワー付 約9~10m²
スーペリアツイン:角窓 シャワー付 約19m²
ジュニアスイート:バルコニー、 シャワー付 約30m²
トリプル (内側):トリプルベッド、 シャワー付 約10~15m²
シングル (内側):シャワー付 約9~10m²



【ビジネスクラス利用追加代金】750,000円
※上記のビジネスクラス追加代金は、成田~中東都市~ブエノスアイレス間となります。
 ブエノスアイレス~ウシュアイアはエコノミークラスとなります。
※ビジネスクラス利用の場合は、空港までの往復宅配便サービスが付きます(お一人様につきお荷物1つ迄)。



【国内線】上記は成田空港発着料金となります。 各都市国内線の手配については、別途承っております。 尚、航空便が満席でご予約がお取りできない場合はご了承下さい。



別途必要代金
【国際観光旅客税】
1,000円
【空港施設使用料】大人 2,130円 子ども(2歳以上12歳未満) 1,070円 /成田空港
【旅客保安サービス料】
530円 /成田空港
【海外空港税】
11,000円(目安)
【船内チップ】
US$ 200 (船上精算)
【燃油サーチャージ】
旅行代金には燃油サーチャージが含まれません。別途お支払いが必要となり、ご旅行代金とともに出発前にお支払いいただきます。
燃油サーチャージが変更された場合、増額になったときは不足分を追加徴収し、減額になったときにはその分を返金します。
(確定後の追加徴収・ご返金はございません)
燃油サーチャージ詳細はこちら>>>
割引
みんなで行くとお得だね!グループ割引
4~5名様グループ 代表者10,000円引き
6名様以上グループ 代表者15,000円引き

※代表者様のみ旅行代金より割引致します。※同グループ同行程のみ適用となります。
※割引適用後、ご同行者様のキャンセルなどで人数が規定未満となる場合、割引適用外となります。

条件・ご注意

旅行条件
食事
船26回(朝9回、昼8回、夜9回) ホテル1回(朝1回、昼0回、夜0回)
添乗員
同行しませんが、2日目・12日目ブエノスアイレスご到着後は、現地日本語係員がご案内及び送迎致します。
また送迎は混載となります。 その他の送迎等についてはクオーク社の送迎車を利用致します。
最少催行人員
1名様
利用予定航空会社
カタール航空、ターキッシュエアラインズ
利用予定客船
オーシャン・エンデバー
利用予定ホテル
【2日目ブエノスアイレス】エンペラドール ホテル、ブリック ホテル、シェラトン・ブエノスアイレス・ホテル&コンベンションセンター
※クオーク社指定ホテルとなり、都合により同等クラスホテルへの変更の可能性も御座います。
ご案内
ご注意
取消料
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって179日前~120日前 旅行代金の20%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって119日前~当日 旅行代金の50%
旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%
↑